黒ずみがあってもvio脱毛できる?

vioパーツに黒ずみがあると脱毛できないのでしょうか?
vioの黒ずみが気になるといっても、誰かと比較することもできません。

 

あまり自分のデリケートゾーンの色など気にしたことがないという方もいますよね。
実は、vioパーツにまったく色素沈着が起きていない方のほうが少ないほどなのです。

 

サロンで採用されている光脱毛は、色素に反応して施術していきます。
そのため色素沈着を起こしている肌には照射できません。

 

ということは、vioには施術することができないとなりそうです。

 

しかし、多くのサロンでは一定の基準の下、vioパーツも施術をしているところがほとんどと考えておいてもよいでしょう。
ただし、色素沈着があまりに濃い場合は、照射を断られることもあります

 

肌が黒い部分に当てると、やけどの恐れもあるからです。

 

ムダ毛に対する反応と同じものが、皮膚にも起きてしまう可能性があることで施術ができません。
また、施術を受けられるとしても、痛みを伴うことが多いといわれています。

 

もともと顔よりも皮膚が薄いといわれているパーツなので、痛みがあるのです。
さらに、色素沈着があると反応が強く出過ぎて、痛みをより強く感じることになります。

 

日焼けをした方は光脱毛できませんが、それは危険を伴うからです。
これが色素沈着にも同様に当てはまると考えておきましょう。

 

黒ずみは自己処理を減らすことや、下着などを変えることである程度軽減することもあります。
とはいっても色素沈着の程度を、カラーチャートなどでカウンセリング時などに確認するという方法をとるサロンも多いですね。