vioならサロンより医療脱毛のほうが回数が少ない?

脱毛が難しいといわれているvioパーツでは、医療脱毛のほうがサロンでの脱毛より施術回数が少ないと考えられています。
「回数が少ないほうが、早く終わっていい!」と単純に決めてしまってよいのでしょうか?

 

医療脱毛とサロン脱毛では、毛根に働きかけるという脱毛方法は実は同じです。
それではなぜ医療脱毛のほうが施術回数は少なくすむのでしょうか?

 

それは、照射でのパワーの違いです。
医療脱毛、クリニックには医師や看護師が常駐しています。

 

施術をするのは脱毛専用スタッフや看護師であることが多いですが、医師の指導の下となるので最大限まで脱毛機の出力を上げられるのです。

 

「じゃ、医療脱毛で!」と即決したくなるのですが、ここに大きな問題があります。
出力を上げることで伴う痛みです。

 

そもそもvio脱毛がなぜ難しいかというと、痛みがあるから、ということが大きな理由です。
結局医療脱毛であっても、vioパーツをあまり大きなパワーで施術することはできないというわけです。

 

サロン脱毛の照射出力は強くなくても、ジェルとの相乗効果で、きちんと脱毛の効果を上げられるサロンも増えています。
医療脱毛では5〜9回がvio脱毛完了の目安、サロン脱毛では8〜12回が目安と考えておきましょう

 

回数としては確かに医療脱毛のほうが少なく終わるケースが多くなります。しかし、料金の相場を考えてみましょう。

 

  サロン脱毛月額制 サロン脱毛回数制 医療脱毛
1回当たりの料金 5,000〜14,000円 回数パック 15,000〜30,000円
麻酔などプラス料金 なし なし 3,000円
完了までの回数 8〜12回 8〜12回 5〜9回
完了までの目安の料金 40,000〜168,000円 60,000〜104,400円 75,000〜297,000円

 

このように、回数の違いはあるにせよ、料金としてはサロン脱毛のほうがやはり抑えられるわけですね。

 

一度施術を受けてみないと、痛みや抜け具合などは確認できません
痛みが苦手という方は、一旦サロン脱毛からスタートして、続けられそうか確かめるという方法もありますよ。